TOP

introduction

更新情報

駒場バラ会について

growing

●活動のペース

●栽培カレンダー_b

enjoyment

●イベントカレンダー

●ガーデンプランニング_b

●Teams&Brains

●goods&visualdesign_b

●駒 場 散 歩_b

management

入会申込み案内_b

連絡先/アクセスマップ

会のあゆみ_b

取 材 履 歴_b

others

 

System design, construction, operation , Web design of this web site by D · Confort Mayumi Hosoya. Mayumi Hosoya &Komaba Rose Society all rights reserved.

 

 

 


 

 

駒 場 バ ラ 会 は、目黒区駒場 1丁目に古くからある「駒場ばら園」

バラ達と、バラを愛する心を、この地の文化的財産として保存し、

伝えてゆくことを目的とした会です。

 


「駒場ばら園」は明治44年開園で日本最古のバラ専門店とされ、日本中の愛好家に親しまれています。

平成17年に駒場ばら園 は敷地の縮小されることになりました。

駒場ばら園とオーナーである入澤夫妻を慕う人たちが中心となって、その縮小を惜しみ、

地元の人達の協力を得、目黒区と東京都のご理解と入澤夫妻のご好意を頂いて、

まず、縮小部分のバラを「駒場公園」内の旧前田邸西洋館前に移植しました。

その後、バラは、駒場東大正門横、目黒区立駒場小学校、目黒区立第一中学校、

渋谷区立加計塚小学校にも寄贈されました。

これらの駒場地区のバラを、維持育成して行くためにできたのが『駒場バラ会』です。



* * * * *

 

『駒場バラ会』が正式にスタートしたのは、平成18年1月で、入澤夫妻とともに、

今はない駒場エミナースで気持ちのよいお披露目パーティが開かれました。

以来、目黒区だけでなく、首都圏全域から他府県まで、 150名前後の会員が参加しています。 

主な活動は、「駒場公園」「駒場東大正門横_駒場ローズパス」「駒場野公園拡張部花壇」

などに植えられた約130本のバラの栽培と管理です。 

年齢もさまざまのバラの愛好家が、数人ずつのグループで手入れにあたっています。

数カ所の栽培地では剪定、誘引、施肥、草とりなどの作業のなかで、

バラ栽培の技術を身につけ、磨いています。

* * * * *

 

5年目の節目には東京大学の栽培地,駒場ローズパスが完成し、

東京大学と共同で記念の銘版を建てました。お披露目会では

東京大学副学長の小島憲道さんとともに、入澤嘉代さんに大層お喜びいただきました。

 

毎週木曜日と月に一度の定例作業(原則として第二日曜日)には、

近隣に住む人だけでなく、電車を乗り継いでくる人もいます。

遠隔地の方たちからは、温かい応援の気持と、寄付などが届けられます。 

会にはバラ栽培の初心者もベテランもおり、バラの栽培方法について常に情報交換し

『バラは人を呼ぶのですよ』という入澤嘉代さんの言葉どおり

「駒場ばら園」のご縁で出会った会員同志、楽しい交流をしています。